35歳で2ヶ月後に妊娠!わたしが行った7つの方法

私は35歳の女性ですが、年齢的なことも考え、また、多嚢胞性卵巣症候群と診断されてから妊活として色々なことに取り組みました。

世間的に良いと言われていることを組み合わせて試したので、正直どれが効果が高いのかということまでは分からないので、取り組んだことすべてを書いてみようと思います。

まず、何故妊活を意識することになったかということですが、私は以前は漠然と結婚すれば、自然に妊娠して、出産できると思い込んでいました。

しかし、妊娠10週で流産するということを経験しました。

その経験を踏まえ、妊娠するため、そして妊娠を維持するためには色々と努力する必要があるのだと気づき、妊活を意識するようになりました。

私が妊活に向けて具体的に取り組んだことは次のようなことです。

①体を冷やさないようにする。
特に足元を冷やさないようにし、冬場は靴下を二重に履く。適度な運動を心がける。
入浴はシャワーではなく毎日湯船につかるようにする。

②ホウレンソウなどの野菜のほか、サプリメントなども活用して葉酸を摂取する。

③カフェインを取らないようにし、コーヒーや紅茶などはノンカフェインのものを飲む。

③酒は少量

④タバコを止める。

⑤血行をよくするためにPCやスマホの使い過ぎをやめる。

⑥夜は早めに就寝し、朝は早めに起床し、体内リズムを整える。

⑦なるべくストレスをためないよう心がけ、嫌なことがあっても一晩寝たら考えないようにする。豆乳を飲む。

特に手間のかかることや、お金のかかることをしたわけではないですが、このようなことを初めてから2ヶ月ほどで妊娠し、無事に出産することが出来ました。